CAREER VISIONキャリアビジョン

キャリアステップ大東建託パートナーズでの勤続年数によるキャリアステップ例です。

キャリアステップキャリアステップ
1年目 担当新人研修や営業所配属後のOJTを経て入社4,5ヶ月目から独り立ち。
4年目 主任現場のリーダーとして、役職をもつ。後輩の育成や仕事の割り振りに携わりながら、自らも現場に立つ。
5~6年目 係長職場の経営補佐として、課の運営を手助けする。
8年目
以降
課長責任者として、課を運営。人や数字の管理はもちろん、長期的なビジョンに基づくマネジメントに携わる。
所長営業所のトップとして、一つの組織を運営。各課の課長と連携をとりながら、営業所の成長を目指す。
エリアマネージャー地域の統括として、複数の営業所をマネジメント。各営業所を訪問し、現状把握と業務改善に取り組む。

キャリアステップ例

2013年 新卒入社社員の場合

  • 担当
    1〜3年目

  • 主任
    4〜5年目

  • 係長
    6年目

  • 担当 1〜3年目約1ヶ月の研修後、営業所に管理スタッフとして配属。
    仕事の基本を覚える。先輩社員のフォローを受けながら、一通りの業務をこなせるようになる。

  • 主任 4〜5年目2017年1月、同営業所にて主任に昇格。
    その後、本社管理部門へと異動し、賃貸管理に関わる業務を行う。
    経営者の意見を直接聞くことができ、考え方や判断基準が大きく変わった。

  • 係長 6年目2019年10月、係長に昇格。課内の管理職補佐として責任のある仕事も任されるように。
    将来は、本社で培った経営目線を活かして、所長として活躍できるよう日々奮闘中!

2012年 中途入社社員の場合

  • 担当
    1〜3年目

  • 主任
    4〜7年目

  • 課長
    7年目

  • 担当 1〜3年目新人研修を終え、賃貸マーケティング課へ配属。
    丸3年同営業所にて勤務後、2015年4月関西エリアへの異動の辞令が。

  • 主任 4〜7年目異動から半年、新しい環境にも慣れてきた頃、2016年9月主任に昇格。
    後輩社員も入社し、後輩のフォロー行いながら管理職のサポートも行う重要な役割を果たす。

  • 課長 7年目2018年10月、入社時の配属先へ異動と共に、賃貸マーケティング課課長に昇格。
    担当の頃とはまた違った目線で営業所全体をまとめる存在に。

教育研修制度

研修制度

研修プログラム新卒

社会人の基礎はもちろん、キャリアステップに応じた研修が行われます。

※営業所研修(OJT)でも先輩社員がしっかりサポートします。
研修プログラム中途

未経験者もしっかりとサポートします。

※営業所研修(OJT)でも先輩社員がしっかりサポートします。

通信教育制度
通信教育の費用を会社負担で受講できる制度があります。

受講可能な資格
  • 宅地建物取引士
  • 賃貸不動産経営管理士
  • 管理業務主任者
  • 日商簿記
  • サービス接遇検定

など

メンター制度(トレーナー制度)

入社後の研修

配属後、配属先の課内全員でフォローする体制が整っています。
社会人としてのイロハから専門的な知識まで、実務を通して丁寧に教えます。
「わからないことがあるけど、誰に聞いたら良いのかわからない」「みんな忙しそうで誰にも声をかけられない」なんてことはありません。