市場を知ることで、
不動産に対する見識が広がる。

2018年新卒入社 賃貸マーケティングスタッフ

「この仕事、面白そう」
きっかけはそれだけだっていい。

「この仕事、面白そう」
きっかけはそれだけだっていい。

私は大学卒業後、一年間留学をしており、帰国後に就職活動を開始しました。その頃は特にやりたいことが決まっておらず、求人広告を眺めたり、人材紹介会社に出向く日々が続いていました。
そんな時、紹介して頂いた企業の中に当社の求人があり、初めて「家賃審査」という仕事があることを知りました。
不動産業界と言われて思い浮かぶ仕事といえば、「建設」や「管理」、「仲介」などがありますが、「家賃審査」という仕事にはその時初めて出会ったんです。

街中にある建物が目に入ったとき、あの建物の家賃っていくらなんだろう、誰が決めているんだろう。そんなことをふと疑問に思ったことはありませんか?私はこの仕事を初めて知った時に、素直に「面白そう」と興味がわきました。仕事内容が新鮮に見えて、挑戦してみたいと強く思ったんです。もちろん、内定を頂いてからすぐに入社を決めました。

ただ建物の良さを売り込むだけではない。
人や地域との関係を作る仕事。

ただ建物の良さを売り込むだけではない。
人や地域との関係を作る仕事。

賃貸マーケティングスタッフには主に「家賃審査」・「入居者様斡旋」という2つの業務があります。
現在は主に、当社で管理している建物のお部屋を不動産会社様に紹介する「入居者様斡旋」の業務を担っています。お住まいいただいていたお客様が退去された後、新しいご入居者様をご紹介していただけるように、当社建物の良さを売り込む仕事です。お部屋探しをされる方と直接やりとりをするのは不動産会社様の仕事なので、定期的に訪問し、斡旋の依頼を行います。継続的に当社のお部屋を紹介してもらうためには、不動産会社様との関係構築が大切なので、ただ売り込むだけではなく、コミュニケーションをとりながら関係を深めていくように意識しています。
事務的な仕事では、契約関係の書類作成業務があります。不動産会社様ごとに担当が割り振られているので、自分の担当会社様からご紹介いただいたお客様は、契約手続きからご入居まで担当します。契約書の作成もするので、絶対に間違いがないように何度も確認します。
この先何十年もお住まいいただくかもしれないと考えると、契約書の作成も責任ある仕事なので、身が引き締まりますね。

賃貸マーケティングスタッフの魅力は、仕事柄、周辺にある他社物件の相場や地域の特性に詳しくなれるところです。
「どの地域の需要が高いのか」とか、「この地域は1LDKの需要があまり無い」など、瞬時に分かるようになることが最大に魅力だと思います。
やりがいを感じる時はやはり、自分が紹介したお部屋をご契約頂いた時ですかね。入居が決まらず空室の期間が長くなってしまったお部屋があったんですが、めげずに不動産会社様に紹介して、実際にお申込頂けた時は一番嬉しかったです。

One Day Schedule

09:00
出社前日に作成したTo Doリストを確認し、一日の行動予定を立てます。
09:30
電話営業不動産会社様にその日の来客予定等をお伺いし、ご要望に合いそうなお部屋を紹介します。
その日に内見のご予約を頂くことも!
10:30
事務作業・進捗確認ご契約いただいた契約書等を作成するなど、この日は事務作業がたくさん。
自分が担当している契約手続きの進捗状況を確認して、漏れが無いかもチェックします。
14:00
不動産会社様訪問この日は当社一押しのお部屋を紹介するため訪問。
お部屋に対するニーズは常に変化するので、お客様が求める傾向をヒアリングできるチャンスでもあります。
09:00
出社前日に作成したTo Doリストを確認し、一日の行動予定を立てます。
09:30
電話営業不動産会社様にその日の来客予定等をお伺いし、ご要望に合いそうなお部屋を紹介します。
その日に内見のご予約を頂くことも!
10:30
事務作業・進捗確認ご契約いただいた契約書等を作成するなど、この日は事務作業がたくさん。
自分が担当している契約手続きの進捗状況を確認して、漏れが無いかもチェックします。
17:00
帰社ヒアリング等で得た情報を課内で共有したり、一日を振り返ります。
翌営業日にやることをリスト化して、明日に備えてから帰宅します。
18:00
退社
14:00
不動産会社様訪問この日は当社一押しのお部屋を紹介するため訪問。
お部屋に対するニーズは常に変化するので、お客様が求める傾向をヒアリングできるチャンスでもあります。
17:00
帰社ヒアリング等で得た情報を課内で共有したり、一日を振り返ります。
翌営業日にやることをリスト化して、明日に備えてから帰宅します。
18:00
退社

Private

写真は鎌倉の大仏を見に行って、心が爽快になった瞬間です。
休日は近くの観光名所に足を運び、心を休めに行くことが多いです。この日は夏の日差しが強い日で、日々の疲れを忘れさせてくれるような時間を過ごせました。

他のインタビューを読む